インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。

歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
ヴィトックスαの口コミ

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です