スズガモの右田

どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
ファーストクラッシュ|ニキビで悩むお子様をお持ちのお母さま方へ

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です