茂木の友ちゃん

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

デルメッドしみに効くから美白になれる|お試しでデルメッドトライアルセットもあります
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です